深蒸し八女茶(深蒸し煎茶)/茶器  通販・販売 ショッピングサイト 茶匠 むろぞの

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方

@ お茶っ葉を急須に入れます。

5人分で約10g、1人分なら2〜3gを目安とします。
ご家庭では小さじ(ティースプーン等)が一杯2〜3gです。


A お湯はポットから直接急須に注ぎます。

沸騰したやかんから注ぐ場合は、一度湯のみに注ぎ、それから急須に入れます。 お湯の温度の目安は、80℃〜90℃位です。

深むし茶の場合は、普通の煎茶より高めの温度の方がおいしくいただけます。


B お好みの濃さになるまで

軽く急須を廻してお茶を浸出させます。


C 最後の一滴までしっかり注ぎきってください

お茶は廻し注ぎし、分量を均等に、濃淡の無いようにして最後の一滴までしっかり注ぎきってください。


@ 茶葉を通常より少し多めに

茶葉を通常より少し多めに急須に入れます。


A お湯の温度は80℃〜90℃に

温度を80℃〜90℃にしたお湯を直接急須に注ぎます。


B 急須から氷の上にゆっくりと

用意したグラスに氷をたっぷり入れて、急須から氷の上にゆっくり注いでください。


C 急須から氷の上にゆっくりと

すぐに冷たくなりますので、そのままお召し上がりください。 ※ お茶は入れてからすぐに酸化が始まります。氷に注ぐ事で急速に冷却されるため、酸化の進行が遅くなり、通常の温かいお茶に比べると長い間お茶の風味が損なわれません。夏の暑い時期には最高です。


コラム

深むし茶は、他のお茶に比べて茶葉が細かくなっています。通常の急須では、目詰まりなどをおこしお茶が出にくくなります。深むし茶用の急須がございますので、そちらをお使いいただくことをおすすめします。(通常のお茶にも使用できます。) 当店でも、深むし茶用の急須を多数取り扱っておりますので、是非ショッピングページもご覧下さい。

お茶を飲む時のお茶菓子には様々なものがございます。 生産農家では、農作業の休憩時間にお茶を飲む事が多く、お茶菓子もいろいろと用意いたします。これはお茶菓子という部類に入らないかもしれませんが、意外にも『たくあん』と『お茶』が合うのです。 お茶の生産農家では、よく見る光景です。お茶の愉しみ方の一つとして一度お試し下さい。

ご注文・お問い合わせはこちらから